マナラ クレンジング 全成分

MENU

マナラクレンジングの全成分※毒性や危険性はあるのかしら!?

 

 

マナラ クレンジング 全成分

 

 

マナラクレンジングはお肌にやさしい「こだわりの7つの無添加」で作られています。

 

・着色料
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・エタノール
・パラベン
・紫外線吸収剤

 

これらのものを一切使用せず、肌への安全性を謡っているのですが・・・。

 

 

でも、ちょっと待ってください!!

 

 

「7つの無添加」って「完全な無添加」ではないということなんです。

 

他の成分に毒性や危険性は含まれていないのでしょうか??

 

気になったので、マナラクレンジングの全成分を調べてみると・・・。

 

マナラクレンジングの全成分

 

成分名 配合目的
グリセリン 保湿
DPG 保湿
オリーブ油 エモリエント
(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル−10 植物性界面活性剤
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 植物性界面活性剤
PEG−10ヒマワリグリセリズ エモリエント
ステアリン酸グリセリル(SE) 植物性界面活性剤
基材、溶剤
ラウリン酸ポリグリセリルー10 植物性界面活性剤
ミツロウ 増粘
タイズ油 エモリエント
カロットエキス 抗酸化
スクワラン エモリエント
α-アルブチン 美白
ハチミツ 保湿
トコフェロール 抗酸化
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 美白、コラーゲン増殖
ヒアルロン酸Na 保湿
ヘマトコッカスプルビアリス油 抗酸化
セレブロシド 保湿、補強
サフラワー油 エモリエント
ポリグルタミン酸 保湿
ローヤルゼリーエキス 保湿、抗菌
ザクロエキス 擬似ホルモン
加水分解コラーゲン 保湿
マロニエエキス メイラード反応阻害
プエラリアミリフィカ根エキスル 擬似ホルモン
加水分解酵母エキス 免疫賦活
ダイズエキス 擬似ホルモン
ホオノキ樹皮エキス コラーゲン保護
BG 保湿
グレープフルーツエキス 保湿
ペンチレングリコール 抗菌、保湿
シアノコバラミン 美肌
フェノキシエタノール 防腐

 

全成分を調べてみると「フェノキシエタノール」(酸化防止剤)などの添加物が配合されていました。

 

なので「100%完全無添加」ではないことが発覚!

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

知り合いにマナラを長年愛用している方で、化粧品にも詳しい元美容部員の方にこのことを訪ねてみると・・・。

 

化粧品の劣化を防ぐには、最小限の酸化防止剤などは必要みたいなんです。

 

防腐剤は悪いことばかりではなく、化粧品の常温保存を可能にする、腐敗を防ぐなどの重要な役割を担っているんだとか。

 

「100%完全無添加」の化粧品って、なかなか作れないそうなんです。

 

 

「マナラに入っている添加物は必要最小限のもので、お肌への安全も考えられて配合されているので心配ないよ」と教わり一安心。

 

 

万が一お肌に異変が生じてしまった場合でも、45日間返金保証付きなので安心してお試しすることができます。

 

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

 

マナラ クレンジング 申込み

 

マナラの成分 3つのポイント

 

マナラの成分

 

 

美容液成分を91.4%配合。洗顔しながら潤いをケア

6種のコラーゲンサポート成分やヒアルロン酸など、肌にうれしい成分をぜいたくに配合。
さらにハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体も配合しているため、肌の透明感アップも期待できます。

 

温感ゲルで毛穴の奥の黒ずみを浮かせて落とす

肌を温める温感ゲルが硬くなった角質層を柔らかくします。
カプセル化パパイン酵素のはたらきで、毛穴奥の汚れを浮かせながらすっきり落とします
さらに、アーチチョーク葉エキスが毛穴をキュっと引き締めてくれます。

 

使うほどに毛穴の黒ずみがキレイになる」と評判のクレンジングです。

 

化粧水を肌の奥まで引き込むブースター効果

保湿効果の高いサボテンエキスが肌の水分バランスを整え、クレンジング後の美容液を肌内部まで引き込みます。
カプセル化パパイン酵素の角質ケア作用もブースター効果に一役買っています。